スミスのコツコツブログ

アマゾン・Apple・映画ドラマ・ミニマリストについての日々をコツコツお届けます。合言葉は「この俺にできるなら皆もできる」

【聞いてほしい経験談】クレジットカードでの失敗

どうもスミスです。

今日はクレカの失敗談の話をします。

f:id:on-the-smith:20170504103701p:plain

 

スミスはクレジットカードを持った最初の一年間は一切使っていませんでしたが、20代の前半からクレジットカードをバンバン使い出してしまいました。

 

今思うと「やめておけばよかった」とは言うまでもありませんが、それでもやめておいた方がよかった。

 

あるとき次回のクレカ支払いが20万円になっていたときがありました。持ち合わせがなく悩んだ挙句、20万円の全てをリボ払いに変更しちゃったのです。すると次回の支払いが20万円から1万円(設定額は自由)に削減されたではありませんか!

 

やった〜!!

 

と浮かれていたあの頃の自分。

ですがそのあとまさに「リボ地獄」が待っていました。

 

 

 

翌月も、その翌々月も支払いをリボ・分割の甘い汁に浸ってしまい・・・。そしてある月に可能限度額いっぱいになり「これ以上リボ・分割できません」との表示が。

 

やっちゃった〜汗

 

するとやがて支払いが遅れがちになり、ずるずるとした返済となり、やがては次回の支払い金額も用意できないほどに膨らんでいる始末、、、そして使用停止の始末に。

 

そのあと一生懸命働いて数ヶ月後に残りの50万円を全額返済しました。

 

 

2社合わせた分割手数料だけでも月額1万円以上になっちゃう始末でした。こんなことが「いつのまにか」やってくるのです。

 

 

 

特にリボ地獄に落ちたことのない方にお伝えしたい。みなさんにクレカは計画的に使いましょう。そしてリボ払い・分割払いはなるべくやめておきましょう。

 

と言ってもやっちゃうのが人間なんですよね・・・。

こうした過去があったから自分はミニマリズムに傾倒していったのかもしれませんが。過去の反省をふまえ、現在は月の支払いはなるべく抑え、全てデビッドカード払いにし、クレカの引き落としはほとんどありません。クレカで私物を買うこともほとんどありません。

 

 

先日、ユニクロで隣のレジで会計を済ませようとする若い女性がお買い物していらっしゃいました。合計金額が4万円と聞こえてきました。

 

すると、

女性客:「支払いはカードで」

店員:「回数はいかがなさいますか?」

女性客:「5回で」

店員によってクレカが鮮やかな手つきで機器にきられました・・・。

スミスの心の中:「はあっ。やっちゃったか。大丈夫か」

 

その女性の金銭感覚がどれほどのものかわかりませんが、一連のやりとりを横目に見ていると、「あの頃」の自分を見ているような気がしました。お節介な目線かもしれませんが。1回払いならまだしも、分割にするということは・・・。

 

自分にはそんな買い物が到底できません。支払えるだけのお金を用意して買いたいです。買うお金がなかったら買わない。現代の便利さに頼りすぎず、未来の自分を信じすぎず、もう一度モノの買い方の原点に立ち返って考えようと思います。

 

 

小さい頃、親にお小遣いを貰えば近所の小売店でお菓子を買っていましたし、小遣いをもっていなかったら買わずに我慢するしかありませんでした。

 

 

買ったモノは遅かれ早かれ、いつか支払わねばならないのです。

 

 

小さな頃の自分ですらその基本に忠実な生活ができていたわけです。

 

 

【 この10年でわかったこと】

・なるべく現金かデビッドカードで支払うこと。

・お金がなかったら買わずに我慢すること。安易な気持ちでクレカに走らない。

・ポイント欲しくてクレカを使う場合は口座にしっかり使う分を入れておくこと。

・分割払いやリボ払いをしても手数料が発生することを肝に命じること。

ミニマリストになって物欲を減らすこと。 

 

 

下のブログで勉強させてもらっております。もちろんクレカにもポイントなどのメリットありますし、上手な 使い方ができると大変便利であります。

 

cards.hateblo.jp