読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スミスのナゾ解きブログ

ど素人スミスが日常で疑問に思ったことを実践したり調べたりして納得するブログ。

【洗われない日々】無洗髪の記録を更新しました。髪の状況はいかに?

view raw

スミスです。

 

ついに更新しました。

5日です。ついに5日ですよ。

 

髪を洗わない記録を更新しました。

 

「そんな不潔な記録を打ち立てて、ここで発表してどうなる?」

とお思いでしょう。

もちろん私もそう思っております笑

 

 以前は「シャンプーやめて1年経過したらどうなったか」「泡や洗剤を使わなかったら」という観点から記事を書きましたが、

www.on-the-smith.com

 

www.on-the-smith.com

 

 

今回は「シャンプーするか or しないか」「水やお湯だけ」よりもさらに踏み込んだ実験テーマです。

 

 

 

【今日のナゾ】

髪を洗わなかったらどうなるのか?

 

 

 

昔からの人々の生活を考える

昔のモノクロ写真見ているとみんなフサフサですし、薄毛の人はあまり見かけないです。シャンプーがまだ習慣ではなかったころはもちろんあったし、シャワーすらなく風呂の湯船を家族で分けるには限りがあるわけで毎日洗髪をしている余裕はなかったらしいのです。

 

シャンプーが「毎日の習慣」として徐々に浸透しだしたのは1970年代と言われ、それ以前は「せめて月1シャンプー」→「週に1回」→「週2、3回」→「毎日シャンプーしてもいい」「朝シャンしよう」って時代が進むにつれて広告のシャンプー回数が徐々にグレードアップしています。

 

「現代はストレスが大きいから髪に与える影響も大きい」なんて意見もちらほら聞きますが、ストレスって昔からあるわけだし、むしろ今の方がストレスを発散できる娯楽は数多く発達しているわけです。

 

もちろんストレスは髪に影響あるかもしれませんが、昔と現代の毛量の差を「ストレス」で片付ける意見には疑問を持ってしまいます。

 

 

やっぱり昔に戻るべきではないのか?

そもそも現代の日本人は洗いすぎじゃないか?

 と思ってしまいます。

 

 

 

「洗いすぎ」説を考えてみる。

単純に薄毛の理由っていうのは「洗いすぎ」が原因じゃないか・・・という観点から考えてみたいと思います。

レック Ag+ まとまる!   ヘアーストッパー ( 抗菌タイプ ) BB-468

レック Ag+ まとまる! ヘアーストッパー ( 抗菌タイプ ) BB-468

 

シャワーやお風呂のときに洗髪すると必ず排水口に髪の毛溜まりますよね。排水口を上のやつにさし変えてみました。髪の毛を逃さずしっかりキャッチしてくれるようになったので、一回の洗髪でどれくらい抜けているのか恐ろしいほど〝すご〜〜〜く〟よくわかります。 

 

抜け毛は1日平均50〜100本。個人差もあるでしょうが、一回の洗髪で平均50本くらいあるという意見が大方だったので、50本を一回の洗髪時に抜ける本数とし毎日洗髪したとして計算してみると、

 

1日50本×365日=18250本

だったら5年で、18250本×5年=91250本

それなら10年で、18250本×10年=182500本

 

10年毎日洗髪したら、およそ18万本も抜け落ちるんです!!しかも洗髪以外での日々の生活で落ちてしまう髪の毛のことも考えておかねばなりません。

 

成人の髪の毛の量は平均10万本と言いますので、毎日洗髪すると「発毛」が「抜け毛」に追いつかないんじゃないかと思ってしまいます・・・。

 

もちろん個人や性別によって色々な条件や環境があるでしょうし、生えるサイクルや細かい条件などあるでしょうが、こうして単純に数字を並べただけでも思うこと・・・

 

洗髪しちゃうと基本的にハゲてしまいますよね?

 

それでも毎日洗髪で髪の毛が残っている人というのは、毛根が強いのかもしれません。もちろん男女ともに洗髪しても平然と毛量がある方もいらっしゃいますが、そういう人って洗わなかったらもっと毛量が多かったのではと思います。昔の写真の人たちは重箱みたいに髪が頭に乗っかっているわけです。羨ましい・・・。

 

しかも洗剤とかシャワーの存在は、身体に付着した汚れや雑菌を「洗い流す」「落とす」ために存在するわけであって・・・

 

髪の毛も身体に付いているものとして、汚れたちと一緒に「洗い流す」「落とす」をやっているではありませんか。すると身体から離れてしまいますよね・・・。

 

 

 洗い流す→取れる抜ける→毎日繰り返す

 

冷静に考えます・・・。

 

 

やっぱりどう考えてもこのサイクルだとハゲませんか?

 

 

佐賀のレンコン農家だって収穫時、育ったレンコンを掘り出しやすくするには、太いホースを使い強い水圧を根っこに当ててレンコンを掘り出しているわけです。「洗髪による薄毛説」はその原理と近いような気がします。

 

 

 

だったら試してみなければなりません。

それでやってみました。これまでの最長は3日でしたが、ついに本日5日目を更新しました。この5日間は全く髪や頭を洗っておりません。

ここまでの様子をレポートさせていただきます。 

 

【プラスポイント】

・そんなに周囲は不潔さを感じていない様子。

・3日目から髪がまとまりやすくなった。

・自然な生き方が出来て気持ちがとても軽やかになった。

・髪の毛にコシやハリがありとても元気。

・脂ぎっとり感はない。

・かゆみはときどき微かにあるくらいですぐおさまる。

・毛量が減った感じは全くない。

 

【マイナスポイント】

・フケはやむ負えなく多少出てしまいます。

・人と会うとなるとやや遠慮した気持ちになります。 

・汗をかく夏の時期は5日も洗わないのは無理かもしれません。

 

 

無洗髪を試してみて全体的にはとてもよかったです。慣れてしまったらこれでいけるかもしれません。無洗髪の神様(髪様)である大作家・五木寛之さんのような2ヶ月に1度まではいけませんが、どこまで無洗髪記録を伸ばせるか。そして無洗髪を通じて髪の状況や毛量のレポートは今後もお知らせしたいと思います。

 

「不潔」「くさい」って言われてもいい。

「ハゲ」って言われるよりは全然マシです笑

 

夏期間は週に1〜2度の洗髪を目指して行こうと思います。そのあとの秋冬は影響のない限りさらに頻度を減らす予定です。

明日は人に会うので、とりあえず今夜は「湯シャン」してリセットします。

 

 

ちなみに、こちらの美容師さんが139日も無洗髪記録を成し遂げたということです。さすがにここまでは出来る自信ないですが、昔の人たちから言わせたらこれが「当然」なのかもしれません。昔の人たちは現代人のことをどう思っているでしょうか。

twitter.com

 

あくまで個人的な考察と意見でありますので、その点どうかご了承ください。